So-net無料ブログ作成
検索選択
前の5件 | -

一喜一憂一笑

暑中お見舞い申し上げます。

LUMIX9.jpg

色々と多忙な毎日でブログも更新できないまま、すっかり夏になってしまいました。
バタバタしていたことのひとつにドッピーの体調があります。

先月から、心臓(循環器)専門医のいる病院に通い始め、とても詳しい検査と丁寧な説明で
ドッピーの弁膜症の状態がやっとよくわかりました。

心臓弁膜症にはA、B、B2、C、Dの5段階あり、犬種的にプードルは先天的にリスクがあるため
生まれて来た時点で既にAなのだそう。
で、ドッピーはC。5段階のうちの4番目、つまり、悪い方から2番目です。
「重度の弁膜症。そして肺水腫もあるので積極的な治療が必要」との診断でした。
個体差があるのであくまでデータですが、参考程度に、余命などのお話もしてくださいました。

1.jpg

毎週の診察(循環器は要予約なので、一時間の枠が取ってもらえる)の度に血液検査をし
心臓や肺のレントゲンも撮り、その結果を見ながら私たちにも細かく説明があるので
私たちの目にも、心臓のレントゲンの白い靄がどんどん晴れて行く経過がわかります。
薬も、現在のドッピーの状態を細かく把握したうえで種類や量を変えてくださっています。

3.jpg

治療を始めてすぐに、あれほどひどかった咳も激減し、夜中も咳き込まずに眠れるように。
現在心臓は落ち着いているので、心臓に関してはこのままうまく付き合えればと思います。

あとは、それまで長期間咳をしていたせいで気管支の炎症や石灰化があることと、利尿剤の腎臓への悪影響も。
そして心配なのは甲状腺の病が疑われる数値が異常で、正常値の上限が240の数値が、ドッピーは1700もあり、
(長期間ステロイドの咳止めを飲んでいたからだろうという先生の予想で)一ヶ月間の数値の推移を
観察することに。1700台→1200台→800台 と、ステロイドをやめてかなり下がったものの、
4回目の血液検査では少し上がってしまい1000に。
もう下げ止まりのようなので、先週甲状腺の検査をして、結果は今度の月曜日にわかります。

すっかりか弱くなってしまったようで、家では寝てばかりですが
たまにはキリッとした、目ヂカラのあるこんな顔のときも(笑)

5.jpg

私たちの親たちを見ていてもそうですが、シニアは体調も気分も揺らぎますよね。
それはシニアワンコもおんなじ。
昨日元気だったからといって今日元気とは限らず、またその逆もありで。

ドッピーも、元気で気分がいいときは
大好きなオモチャ箱からオモチャを取り出してきて、誇らしげに笑います。(^^)

6.jpg

オモチャを追いかけて廊下を走り、嬉しそうに咥えて持ってくる。
ついこのあいだまでは毎日見ていた、当たり前だった光景も、今は感動するほど貴重に思える。
この気持ち、シニアペットと暮らす者ならみんな共通の思いですよね。

6-2.jpg

ステロイドの副作用のひとつに、食欲旺盛になるということがあります。
そしてステロイドをやめると、その反動で一気に食欲が失せてしまう。
まさに今のドッピーがその状態で、私は少しでも食べてもらうことに必死です。

元々食が細かったドッピーに手を替え品を替え、手をかけすぎた私。
その甲斐あってこんなに大きく育ちましたが(笑)、ここにきて食べなくなるとは大変です。
薬を飲ませなくてはいけないから少しでも食べてほしい。
一口でも食べてくれれば嬉しいし、そうでないと悲しくなります。

そんな私の思いをどこまでわかっているのかな、ドッピー。

LUMIX.jpg

こないだの休日。ドッピーとドライブをして、久しぶりにカフェに行けました。
お客様たちに愛嬌を振りまいて、とっても嬉しそうで楽しげなドッピーを見て、
私たちにとっても喜ばしい時間でした♡

LUMIX7.jpg

ひとつ喜んだら、ひとつ憂う。ひとつ安心すると、ひとつ心配が増える。
その繰り返しだけれど、でも、そのあとには必ずひとつ笑おう。
ひとつといわず、いっぱいいっぱい笑おう!



nice!(10)  コメント(7) 
共通テーマ:ペット

cafeハシゴ日和

ゴールデンウィーク明けの、雨の水曜日。
mapleさんこと、chieちゃんとデート。

1.jpg

ドッピーの友達でもあるメイプルはこの日はお留守番(涙)
久しぶりにメイに会いたかったけれど、持病とうまく付き合いながら
元気で過ごしていることは普段から聞いているので、少し安心なのでした。

今年からはドッピーも持病を抱えるようになったので、ランチをしながら
メイプルとドッピーの病気の話や薬やサプリの話をあれこれと。情報交換は大切!

2-2.jpg

良いと思うものはどんどん取り入れて前向きにいこう!という心構えは二人とも共通で、
これからも一病息災で元気に、メイとドッピーが寿命を最大限全うできるようにと。

マナムスコたちの話が一段落したら、今度は自分たちのことを話し始めてしまうので(笑)、
その前にお店を変えようと、次のカフェへ♪

3.jpg

外はずーっと小雨が降っていて、ドッピーは外を歩くことはあまりできなかったけれど
カフェと人が大好きなので、終始ご満悦。よかったね~ドッちゃん。

4.jpg

シトシトと降り続く雨音をBGMに・・・いや、雨音など聞こえないくらいひたすらお喋り。
そんな私たちのお喋りをBGMに寝ていたのはドッピー。
それはそれは、心地よい子守唄だったことでしょう(^m^)

5.jpg

お出かけの日が雨なんて(特にワンコ連れには)とても残念だけれど
それでも雨だからカフェをハシゴして、たくさんお喋りするのもまたいいもの。
午前中に会ったのに、気づけば夕方。
雨の日にふさわしいカフェハシゴ日和でした。



数日後の母の日。
ドッピーとパパからのありがとう♡

6.jpg

こちらこそ、いつもありがとう♡

ドッピーに似ているお花。
花より団子の私だけれど、やっぱり嬉しかったなぁ♪
何よりも、その気持ちが。

「ありがとう」がたくさん溢れた日なのでした。



nice!(27)  コメント(17) 

トリミングと新緑デート

5月1日。
先月から延期にしていたトリミングにやっと行けました♪

1.jpg

体調優先なので、シニアになるとトリミングも予約通りにいかないコトもありますね。

いつも通りのまんまるカットで無事に終了。
最近ドッピーを抱っこする度に“少し軽くなったな~”と思っていたら、
前回よりも400g減っていました。大アタリ!母の愛です(笑)

※サロンでのドッピーの様子はこんなかんじでした。



そして3日後の5月4日。みどりの日。
10年来のガールフレンド、アシュタと新緑サンポをしに深大寺へ♪

3-2.jpg

深大寺なら空いていると思いきや、到着してビックリ。
どのお蕎麦屋さんも2時間待ちの行列で激混みでした。

「別にお蕎麦じゃなくてもいいよね」と、とりあえず寺町をぷらぷらとお散歩。
御寺の敷地の雪のような花の大きな木。
「なんじゃもんじゃの木」というのだそうです。

4-2.jpg

お腹が空いたので、行けるお店をスマホで検索。
深大寺から20分くらい歩いたところにある、micro-cafeへ♪

5.jpg

テラス席が日陰だったので涼しくて、
アシュタもドッピーもひとやすみできました。

食後はまた住宅街をてくてくと歩いて。♪歩こう歩こう~私は元気~♪
深大寺の寺町の手前にあった、小さな草原のような、ひみつ基地のような公園でひと遊び。

6.jpg

新緑のグリーンが眩しいくらい濃くてキラキラして、本当にきもちよかった~♪
まさに「みどりの日」にふさわしい楽しみ方となりました。

帰宅したら顔がほんのり赤くて焦ったけれど(笑)、それだけいいお天気だった証拠。
おひさまと青空と深緑の下で、親子共々パワーチャージできた日でした。



nice!(17) 
共通テーマ:ペット

福々チューリップ 

ハウステンボスだけじゃない、
チューリップ畑には風車がお約束(笑)

1-2.jpg

フリルのような花びらのチューリップも新しくて可愛いけれど、
やっぱりスタンダードな赤いチューリップは、これぞチューリップ!な風景。

4.jpg

ドッピーに声をかけてくださった、はつらつとしたシニアグループの方たち。
「あなた、なんて可愛いの~。」と撫でてくださり、ドッピーを囲み暫し談笑。
「福々してて可愛いこと♡幸せな気持ちになるわ~」と。

2.jpg

福々。ふくふく。
いかにも福がいっぱいそうな、いい響き(。◠‿◠。)

福々しいとは、その字の通り
幸せそうなさま。
顔つきがまぁるくてやさしそうで好ましく感じられるさま。
だそう。

3.jpg

福福。ふくふく。
ドッピーにピッタリな気がして、福がありそうで嬉しかったです。

写真が小さくてわかりづらいですけど、ドッピーの舌の色もいい色でそれも嬉しかった!
肺水腫を起こして以来、舌の色を気にして見るようになったのですが

この舌の色は酸素が取り込めている色なんです♪

6-3.jpg

チューリップ畑でドッピーだけ座らせて、離れて全体を撮ろうとしたのだけれど
分離不安なドッピーは“離れてマテ”が苦手。
私が離れて行って、ドッピーを振り返るとヨチヨチ歩き出してついて来てる(笑)

5.jpg

いつまで経っても延々と「だるまさんがころんだ」状態で。^^ゞ

コマッタチャンだといいながら、そんなところも私にとっては愛おしいわけで。
シニアになってますます甘々な毎日です。



nice!(17) 
共通テーマ:ペット

一病息災で長生きしよう

満開の桜の木の下で、ドッピーと。
今年も一緒に桜色の風景を楽しめました♪

3.jpg

ここからは写真と内容がちょっと違いますが、ドッピーの記録のために。
  そして、誰かのお役に立てることがあればと思い記します。



以前からの気管支炎がなかなか治らないまま4月になり
薬は飲んでいるものの、一進一退を繰り返していたそんなある日。

ドッピーは夜中に過呼吸を起こし、一晩中呼吸が荒く異常な状態でした。
翌朝病院で診ていただくと、肺水腫(肺に水が溜まっている)とのこと。

2.jpg

心臓のエコーの結果、肺水腫の原因は心臓弁膜症と判明。
心臓病と聞いて本当にショックでしたけど、でもどこか腑に落ちた気がしました。

イヌの咳と検索すると、気管支炎と共に心臓病が必ず出てきます。
なので、心臓じゃなければいいなと前から不安に思っていたのです。

ただ、ドッピーの場合は、弁膜症の症状(肺水腫)が出るずっと前から
もともと気管支炎が先にあり、咳も気管支炎の特徴である“乾いた咳”だったので、
先生も私も安心していたのですが。


4.jpg

気管支炎を患っているところに、心臓病を発症したという感じでしょうか。
心臓病、気管支炎、咳、肺水腫、は連鎖することが多いようです。

今もドッピーの咳は乾いた咳で、それは気管支炎が原因の咳。(心臓病の咳は痰が絡んだような湿った咳だそう)
心臓病が原因の肺の水は利尿剤で少しずつ排出されているので、あれ以来過呼吸はなく無事に過ごせています!
まだまだ咳が出て可哀想なので、咳だけは早く治まってほしいですが、気管支炎は長引くようです。


今年の桜はゆっくりと満開になって、ドッピーを待っていてくれたようで嬉しかった♪

6.jpg

心臓病は手術以外には完治する術はなく、シニアには手術は勧めないのが一般的。
良くなることはないし、一生投薬になるけれど、悪くならないように進行を遅らせて、
上手に付き合えば決して恐れることはないと思います。

7.jpg

我が家がずっとお世話になっているドッピーのお友達パコラくん(14歳)も、同じ病気ですが
病気と上手に付き合って毎日をはつらつと送っています♪
パコラくんのようなお手本がいるから、私も夫もとても心強いですし、今回いろんなお友達から
たくさん応援をしてもらったことも、大きな力になりました♡

無病息災が理想だけれど、13歳まで大病をせずにいてくれたことをありがたく思う。
13歳だもの、どこかガタが来てあたりまえ。
これからは一病息災で元気に過ごして長生きします宣言(笑)

1.jpg

シニアの小型犬には少なくない心臓病。
「ドッちゃん、弁膜症だけど元気だね!」「弁膜症だけど長生きだね!」と言われるように、
同じ病気のコの希望の星になれるように、頑張りますね♪

咳以外は食欲もモリモリ。お散歩も控えめにしないといけないけど
最近まで平気で10kmくらい歩いていた健脚なので、今も歩きたがって大変です(笑) 
それが、ウレシイコト。


nice!(21)  コメント(20) 
共通テーマ:ペット
前の5件 | -