So-net無料ブログ作成
検索選択

十兵衛の命日

5年前の今日、2002.6.20 十兵衛は7歳半の生涯を閉じました。

みんなおんなじように命が与えられ、シアワセになるために生まれてきたはずなのに、
十兵衛は子犬の頃から病弱で・・ずっと癌の連続でした。
手術して抗がん剤治療が終わる頃にはまた転移。その繰り返しの生涯でした。

旅行も遠出もできず、お休みの日にダイスキなブーブ(車)で行く所と言えば病院。
麻酔も注射も打たれすぎてすっかり慣れて、悲しいほど聞き分けのいい十兵衛でした。



今のマンションは十兵衛のために買ったようなもので、ここに越してからの半年は不思議と
転移も見られず落ち着いていました。
勿論、薬は手離せないしお散歩も用を足すくらいしかできなかったけど、穏やかな日々でした。

そんな穏やかなある日、十兵衛は痙攣を起こし鼻血を出しました。病名は脳腫瘍。
どうして十兵衛ばかり、、と私たちは愕然としました。
代われるものなら代わってやりたい。
十兵衛の場合、手術できない場所の腫瘍でしたので安楽死を考えてほしいと言われました。
でも、十ちゃんを失いたくないという飼い主のエゴで・・ギリギリまで決断できずにいました。

腫瘍が脊髄を圧迫しているせいで、すぐに十兵衛は立てなくなり寝たきりに。
昼と夜の生活も逆になり、夜は痛みと立てない苦しみ(力が入らないので自力で用が足せない)
で悲鳴を上げ続け、朝になると疲れて眠る、、の繰り返し。
私は、夜中ずっと十兵衛の身体をさすりながら、床に一緒に寝ていました。
悲鳴も痛みもピークになった十兵衛を目の当たりにして、やっと私たちは決心しました。

十兵衛の最期の顔と声は一生忘れません。
私の顔を見てヒーヒーと鳴いた後、最期は私の目をしっかり見つめたまま息を引き取りました。
正視できないほど辛くても、絶対に目をそらしてはイケナイと思いました。
十兵衛を安心して旅立たせてあげることが、私たちの役目だと思ったからです。

病気に苦しんだけれど、愛情だけは溢れるほど注いだ7年半だったと思います。
十兵衛はシアワセだったのかどうか、、それはわかりません。
でも、病気で苦しむ運命が決まっていたものだったとしたら、せめて、
ウチの子供になれたことはヨカッタ、、と思ってくれているのでは、、と思います。



「ドッちゃん!十ちゃんにお話しして。お顔見せてあげて♪」
と、十兵衛のお位牌の前にイスを置いて、ドッピーを座らせました。



「お兄ちゃん。パパとママのことは心配要らないよ~。ボクに任せてね。」
ドッちゃんなら大丈夫だよね。お兄ちゃんも安心していることでしょうね、きっと。
これからも私たちを見守ってね、十ちゃん。

私たちは十兵衛の名前を毎日口にしている。お誕生日も祝っている(笑)。
いつでも一緒。いつも傍にいる。その感覚はこれからも永遠に変わらないと思う。
愛しているよ、十ちゃん♥


nice!(17)  コメント(64) 
共通テーマ:ペット

nice! 17

コメント 64

かほりん

5年の歳月・・・長いようで短いですよね。
yukarinさんたちには辛い日々、そして選択だったと思いますが、十兵衛ちゃんはきっとyukarinさんご夫婦の子でよかったと心から思ってますよ。
そして今はドッピーちゃんがその愛情を引き継いでいるので、十兵衛ちゃんも安心してると思います。

いつもyukarinさんご夫婦とドッピーちゃんのそばに居るんですね、十兵衛ちゃん♪
by かほりん (2007-06-20 11:33) 

こもジ

十兵衛君は良く分かっているよ!
帽子がとてもよく似合っているね♪
by こもジ (2007-06-20 12:26) 

あっきー

ゆかりん夫婦は十ちゃんをブリーダーさんに返さないで、
最後まであんなに愛情をたっぷり注いで育てられたんだから
十ちゃんは喜んでいるはずだよね。
他の人に飼われていたらあんなに幸せじゃなかったと思うよ。
十ちゃんもとってもハンサム君だったよね♪♪
ドッちゃん、まだそのヘンな武士言葉なのね(笑)でも不思議と合ってるね^^
by あっきー (2007-06-20 12:34) 

今日は十兵衛ちゃんの命日なんですね・・。
きっと虹の橋のふもとで、元気に走り回っていることでしょう。
十兵衛ちゃんはyukarinさんの家族になるべくしてなったんだと思います。
それはドッピーちゃんも同じく。
病気がちな十兵衛ちゃんに惜しみない愛情を与えられるyukarinさんご夫婦、
そしてつらいお別れのその後を、癒してくれるドッピーちゃん。
みんな幸せに違いありません!!
blogでいつも、その幸せをお裾分けしていただいてます!
by (2007-06-20 14:23) 

ふーみん

胸が詰まったよ。十兵衛が記事なるのは初めてだもんね。
命日くらい記事の主役にしたいよね。
十兵衛喜んでいるだろうね。
こういうことが一番の供養になるんだよね。。きっと。
ドッちゃんはいつもかわいいねー。
ちゃんとママのことを頼むでござるよ(笑)
by ふーみん (2007-06-20 16:18) 

まぐママ

・・・ワンちゃんとのお別れって辛いですよね・・・私は結婚前に何匹か犬を拾って来ては育ててました。
そして別れがありました。一番強烈だったのが、高校生の頃私が新聞を読んで居た時に雷がなって目の前で叫び腰から折れたように仰向けになってショックで死んでしまったワンが居ました。・・・・今でも覚えてます。
十兵衛君は病気との闘いだった・・これはとても辛いことですよね。
写真を観たら涙が出ます・・。
短い命だったけど、十兵衛君とゆかりんさんに取っ手は重みのある年月だったと思います。
これだけ可愛がられるワンちゃんは中々居ませんよ。ゆかりんさんは偉い!
十兵衛君は感謝して天国で見守ってくれてると思います。
by まぐママ (2007-06-20 16:58) 

fleur

十兵衛君頑張ったんですね。そして、最後まで目を離さなかったyukarin さん。
辛かったですね。偉かったですね。
十兵衛君はきっとyukarin達と暮らせて良かったと思っていますよ。

ドッちゃん、yukarinさんご夫婦のことは、まかせたでござるよ。
by fleur (2007-06-20 17:36) 

oguri-gura

記事を読み進めるうちに涙がでてきました。
十ちゃんはとても愛されていて、幸せだと思います。(今も愛されているので
あえて過去形にしません)
それはドッちゃんも同じですね(*^_^*)
十ちゃんもドッちゃんも話せなくてもお顔から幸せなことがわかります。
私も毎日のようにダックの名を口にします。ゆかりんさんと一緒で
それは何年経ってもかわらないのでしょうね。

私、なぜかダックの匂いをすごく覚えていて思い出すんです。
抱っこしたときにダックの頭にアゴをのせたりしてたからかしら・・・(笑)
by oguri-gura (2007-06-20 19:15) 

あみ助

ただ、ただ涙がポロポロ流れてきます・・・
今、こうしてコメントを入れてる最中も、涙が止まりません

それは、愛するwanを失う悲しみを、想う気持ちを、私も知っているから。

でもねyukarinさん、十兵衛くんは病気で痛くても辛くても
yukarinさんの子供として一緒に暮らした7年半、ず~っとシアワセだったはず!
ずっと一緒に傍に居て、一緒に苦しんで一緒に泣いて、
yukarinさんが撫でてくれる手のひらから、yukarinさんが話しかけてくれる言葉から見つめる眼差しから暖かい心を感じ、深い愛情が溢れていると知っていたはずです。
だって、十兵衛くんの写真、みんな穏やかで優しいお顔してる。
優しく笑ってる。愛されている事を知っているからこその優しい笑顔ですもん
楽しいこと、嬉しいこともたくさんあった。それは今も続いてて
パパとママが十兵衛くんの話をする・・・その会話を十兵衛くんは虹の向こう側でこっそり聞いていて今も愛されていると知り、またシアワセを感じる。
十兵衛くんは今も毎日毎日シアワセなんだと私は思います。

長々と書いてしまってホントにすみません・・・。
by あみ助 (2007-06-20 20:29) 

robinぱぱ

yukarinさん、こんばんは。
十兵衛ちゃんは、yukarinさんにとても愛されてとても幸せだったと
思いますよ。こんなに辛い時間があったんですね。でも、十兵衛ちゃんは、体力的には辛い日々が続いたけれども、心はとても満たされた幸せをず〜っと感じていたはず。写真どれもとても素敵なお顔してますね。yukarinさんが、最後までしっかり見届けてくれたことも感謝していると思いますよ。
yukarinさんの深い愛情をすごく感じました。
ドッピーちゃんの笑顔がとても素敵なのは、yukarinさんの愛情を
いっぱい受けているからですよね〜。
十兵衛ちゃんは、yukarinさん、ご主人様そしてドッピーちゃんの
そばにいて見守ってくれているんですね。
by robinぱぱ (2007-06-20 20:37) 

キンキンママ

涙がとまない・・(歳のせい?)
我が子との闘病生活ほど辛いことはないと思います。別れも。
十兵衛ちゃんはとても幸せだったはず!
ユカリンさんの愛情をたっぷり感じて、今は楽しく走り回ってると
思います。

最後に決心した事、偉かったね。。。
がんばったねユカリン、お疲れ様でした。
by キンキンママ (2007-06-20 20:53) 

由希ん子

十兵衛くん、幸せだったと思います。(^^)
今も・・・♪
うちもね、6年飼ってたウサギのトムのことが夫婦の間でしょっちゅう話題になるんです。
(NICOなんか1歳を過ぎるまで旦那からよくトムって呼ばれてました)
忘れられないし、忘れたくないし。
・・・ね。☆*
by 由希ん子 (2007-06-20 21:09) 

けろこ

このこがじゅうちゃんね〜
病気つらかったけどゆかりんの愛情いっぱいで幸せだったと思うよ
がんばったね!じゅうちゃん!!そしてゆかりん!!!
十ちゃんがいたからこそ今のゆかりんがいるのかもね
あ〜泣けちゃったよ
by けろこ (2007-06-20 21:37) 

motako

お昼休みに読んでいたのですが、ボロボロ泣きそうになってしまいました。
十ちゃんを思うゆかりんさんの気持ち良~く分かります。
私も同じ思いです。我が家でもいずみのことは忘れることはありません。
十ちゃんもドッピーちゃんも愛されているのがヒシヒシと伝わってきました。
そして十ちゃんの優しい顔、いずみを思い出しちゃって・・・
これからもドッピーちゃんと幸せに暮らすことを
十ちゃんも喜んでいると思いますよ。
by motako (2007-06-20 21:55) 

柚子茶

yukarinさん、十ちゃんは絶対絶対幸せだったと思います。
子供は、親を選んで産まれてくるといいます。十ちゃんだって、同じ一生を過ごすのなら、yukarinさんのとこがいいと、神様と約束して産まれてきたのだと思います。
辛いことは、避けて通れないけど、それ以上の愛をきっと、十ちゃんは受けていたと思います。
yukarinさんの、十兵衛くんに対する想いが、とてもとても伝わってきました。
私、yukarinさんが最後まで、めをそらさなかった事に涙がとまりません・・・。
私も、いつも思うのです。自分が、この世を去るときは、必ず、愛するひとの笑顔を最後に目を閉じたいと・・・。
だから、最後にyukarinさんに見守られた十ちゃん、心配しないで天国に旅立てたと思います。幸せいっぱいに。
どうか、どうか、ドッちゃんと優しいyukarinさんが、ずっとずっと笑顔でいれますように。
by 柚子茶 (2007-06-20 23:16) 

かっちゃん

何度、読み返しても涙が出てきます。
十兵衛くん、とっても優しくて穏やかな顔をしてますね。
顔を見ただけで、とてもシアワセだったということ、
愛されていたということがわかります。 
もう胸がいっぱいで・・・(涙)うまく言えませんが・・・

私も、ゆかりんさんの気持ちがとてもわかります。
7年前に13年間一緒に暮らした愛猫を2年間の闘病の末
亡くし、忘れたことはありません。そして今でもあの時、
私は最善の治療をつくしたのか自問自答してるんです。

十兵衛くんはいつも、ゆかりんさん、パパさん、ドッちゃんの
側にいるし、見守ってますね。
by かっちゃん (2007-06-21 00:03) 

ロビパパ

エライ!感動!涙がとまらない!明日は腫れぼったい目で出社、イケ面だいなし!
by ロビパパ (2007-06-21 00:06) 

十兵衛ちゃん、ほんとに幸せだったと思います
三歳で亡くなった力丸のことを思い出して
涙が止まらずにうまく言えませんが・・
私はたくさんの後悔があったのですが
その、間違っていたかもしれない選択も含めて
神様が「この人のところに行けば一番幸せだ」と決めて
力丸を私のところにくれたのだと思っています
「どうして力丸が?」と疑問の連続でしたが、これも運命・・
亡くなってから二年経ちますが、まだ写真をちゃんと
見ることができません

ドッピーちゃん、その明るさ・可愛さでパパ・ママをよろしくね!
by (2007-06-21 10:15) 

kanamixx

十兵衛くんの命日ですか。。。
読んで切なくなりましたが、十兵衛くんは幸せでしたよ♪
ぜったい♪
そしてyukarinさん&パパも辛い経験はされたでしょうけど、
7年間は幸せだったし、十兵衛くんに教えられたこともいっぱいあると思います。そして、辛い経験をされたからこそ、今も幸せの大切さをわかっているんだなーって。
きっとドッちゃんも、そういうやさしさとか、感じ取っているんでしょうね。
ドッちゃんがいれば大丈夫って、十兵衛くんも安心してますよ♪

「・・・ござる」「・・・・くだされ」なんて
ドッちゃん、オットコ前の話し方するんですね~。聞いてみたーイ(笑)
by kanamixx (2007-06-21 11:11) 

なぴなぴ

昨日は、十兵衛チャンの命日だったのですね。。。
読んでて涙が溢れてきちゃいました。
yukarinさんの方がイロイロと思う事もあると思うけど・・・。
十兵衛チャン、とっても可愛くてハンサムくんですね。
写真見ると余計涙が出ちゃいます。
十兵衛チャンにとって、闘病生活はとても辛いものだったと思うけど、
yukarinさん達にたっぷり愛情そそがれて過ごされた7年半は、
絶対絶対幸せだったと思います。

胸がいっぱい上手く言えませんが。。。
今もそばで見守ってくれていますね*'☆.:*:'☆':*:
yukarinさんご一家が笑顔で過ごされている事、とっても喜んでいると思います。
by なぴなぴ (2007-06-21 11:32) 

mikiママ

こんにちわ。
昨日は十兵衛君の命日だったんですね。

今までの経過を読んでいたらその時の情景が頭を回想して涙が溢れます。
十兵衛君の最期の時。
ゆかりんを見つけていられた幸せな時間。
きっと天国で感謝してると思いますよ。

あぁぁぁぁ。
マロ君は新入りだからもしかしたら一緒にいてくれてる?
十兵衛君。
マロ君まだ分からない事ばかりなの。
いっぱい教えてあげてくれないかな。
ヨロシクね。

どっちゃん。
きっと分かってるよね。
十兵衛君の分まで元気に生きてパパとママを幸せにしてあげてね。
ついでにmikiおばちゃまの事もね(笑)
by mikiママ (2007-06-21 12:26) 

yukarin

*かほりんさん*
ナイス&コメントありがとうございます~!
歳を重ねると1日、1週間、1ヶ月なんてあっという間で、毎週ドラマを観る度に
「えっ?もう1週間?」って決まって驚く私ですけど(笑)、
十兵衛に関してのこの5年は「まだ5年?」っていう感覚です。
もっとずっと長いこと時間が経った気がします。
十兵衛はきっとドッピーのこともちゃんと見守ってくれているでしょうし、
不思議とドッピーが家の中で十兵衛がいた場所いた場所に座ったり寝たりするのを見ると、何か通じてる気がします(^^)
ドッちゃんにもフランビー君にも元気で楽しく長生きしてもらわないとねっ♡
by yukarin (2007-06-21 12:38) 

yukarin

*こもジ*
コメントありがとうございます~!
うんうん♪十兵衛は絶対によーーくわかっているよねっ。
大型犬て人間みたいで、頭だって身体だって私より大きかったから(笑)
(十兵衛48キロもあったの!)、きっと理解力も人間並みだと思うの。
子供でもあり、同士のような存在でした。
帽子、似合ってるでしょ~♡男前豆腐も真っ青だよ(笑)
by yukarin (2007-06-21 12:42) 

yukarin

*あっきー*
コメントありがとうございます~!
ありがとうね。そうい言ってもらえると嬉しいワン。
でもさ、病弱だからって、いくら獣医さんが返したほうがいい勧めたって、
そんなの返せるわけないじゃないね。たとえ数週時間でも情が移ってるもん。
想像以上の闘病だったけど、でも、たくさん楽しいことも笑ったこともあったし、
子犬の頃は夢もいっぱいあったしね。イタズラして逃げる十兵衛を追いかけたこともあるし(笑)全部いい思い出よっ。
十ちゃん、やっぱりハンサム君だよねーー♡いいお顔でしょっ。
by yukarin (2007-06-21 12:46) 

yukarin

*ボンボンジュールさん*
ナイス&コメントありがとうございます~!
そうですよね、全てなるべくしてなっているんですよね。私も同感です。
虹の橋で今頃走り回っているでしょうねっ。いつか会える日が来るんですよね。
十兵衛を亡くした後は2年間どっぷり悲しみました。
十兵衛は老衰のように安らかな自然死ではなかったので、あまりに強烈過ぎて他の犬をすぐに飼うことは十兵衛に失礼だと思っちゃったんです。
でも、あの2年間があればこその、今の楽しいドッちゃんとの生活ですからね。
人生って無駄なことは何もないんだと、本当に思います。
ボンちゃんもドッちゃんも頑張って元気に長生きしてもらわないと♪
by yukarin (2007-06-21 12:52) 

yukarin

*ふーみん*
コメントありがとうございます~!
「ママのことはボクに任せて安心でござるよ~」by ドッちゃん(笑)ふふふ
そうよね、十ちゃんが記事になるのはこれが初めてよね。
命日特別サービスで主役よ(笑)
そうなの、また今年も回向院でお経を読んでもらうって主人が言ったけど、
そういうことじゃなくて、きっと十ちゃんの話をみんながして笑っていてくれるのが一番の供養だから、、ってやめたの。
お蔭様でとってもイイ命日になりました♡ありがとうね。
by yukarin (2007-06-21 12:56) 

yukarin

*まぐママ*
コメントありがとうございます~!
まぐママも愛犬とのそんな強烈なショッキングな別れを経験しているのね(泣)
そんな逝き方を目の当たりにしたら、本当にその姿は忘れられないでしょう。
でも、絶対に一生忘れちゃいけないもんね。
ずっとまぐママが憶えていてくれることがその子の供養になると思うから(^^)
十ちゃん、ハンサム君でしょー♡病気でも辛くても穏やかに笑う子でした。
いろんなことを十ちゃんから学んだし、いろんなものを貰った。
ドッピーのブログだから、十兵衛を記事にするのはどうかと思ったけど、
でも、記事にしてよかった。きっと十ちゃんも喜んでいるわ♡
名前を呼んで話しかけてあげる・・こういうのが一番の供養よね。
by yukarin (2007-06-21 13:04) 

yukarin

*fleurさん*
コメントありがとうございます~!
目を見詰め合っての最期でしたから、あのときの十兵衛の目は今もハッキリ
憶えているんです。「ありがとう」と言いました。
私こそ、十兵衛と暮らせてよかったと本当に感謝しているんです♡
あの日々があってこその今ですよね、、きっと。
ドッピーからfleurさんへ。
「パパとママのことは大丈夫でござるよ~!承りましたでござる~~」(笑)
by yukarin (2007-06-21 13:09) 

yukarin

*freeさん*
ナイスありがとうございます~!
by yukarin (2007-06-21 13:09) 

yukarin

***freeさんさん以下の皆様へ***
皆様にレスをしている途中ですが、ちょっと出かけなくてはならず、
中途半端なところで止まってしまい失礼でスミマセン(^^;;
夜にちゃんとレスさせて頂きます~~
by yukarin (2007-06-21 13:12) 

free

コメントを入れたつもりでしたが、入ってなかったようですスミマセン。
うまく言葉にできないのですが。。
十兵衛ちゃん、愛されてますね♪
もちろんドッピーちゃんも♪
by free (2007-06-21 13:46) 

nico

十兵衛ちゃん、ウチのジュンくんと一緒に遊んであげてネ。
ほふく前進が好きだったから、直ぐにわかるョ。
by nico (2007-06-21 17:40) 

ビッキーママ

昨日、書き込みしようとパソコンに向かったけど、読んでいて
もう、涙が止まらなくて、暫く泣き続けた・・・。
yukarinさんの気持ちがとてもよくわかって。そしてビッキーを
強く感じて悲しさが込み上げてきた。
私も、苦しむビッキーをみていて、先生に「最後の注射」をお願いしました。
一秒でも早く苦しみから解放してあげたかったから・・・。
最後の私を凝視する強い目を忘れません。たくさん言いたいことあったんだろうな、突然のお別れだったから。
yukarinさんと同じで、お別れしてまだメソメソしている私をお空からみて
ビーは悲しんでいないと思います。むしろ喜んでいる気もします。
「ずっと忘れちゃ嫌だからね!」って言ってるかな(笑)

姿は見えないけど、今も近くに感じるし、これからもずっと一緒です。
この感じはyukarinさんも同じですよね?

お空で、十ちゃんとビッキー、たくさんのお友達と走り回ってますよね!
十ちゃん、ビッキーをよろしくね!
by ビッキーママ (2007-06-21 21:59) 

yukarin

*oguri-guraさん*
コメントありがとうございます~!
今のグラさんにはかなりリアリティのある記事でしたよね、、@(;・ェ・)@/
また辛い気持ちにさせちゃったかなあ、、と心配しています。
大丈夫??グラさん。
何年経とうが、記憶は薄れませんね。むしろ、もっと強くなる気がします。
なんかね、おかしいけど、、もしも私がボケちゃったとしても、十兵衛の記憶とか
ドッピーの記憶はいつまでも鮮明なような気がするの(笑)
それくらい、自分に密着した存在だったから。グラさんもいつもいつもダックちゃんの名前を口にしていて、ダックちゃん慶んでいますね(^^)
by yukarin (2007-06-21 22:09) 

yukarin

*あみ助さん*
コメントありがとうございます~!
長い長いコメント、、本当に全て嬉しかったし、温かさの塊みたいな気がして。
十兵衛への一番の供養ですよ、ありがとうございます♡
あみ助さんから言われた言葉、、全部嬉しい。自分では精一杯、最大限やってきたつもりでも、でも、それでも十ちゃんに関しては後悔も沢山あって、幸せだったかどうかも自信がなくて・・・。だから、あみ助さんのコメントは嬉しかった。
あみ助さんも愛する者を亡くされた経験がおありなんですね。
ももちゃんもドッちゃんもそういう思いを背負っているんでしょうね、、
だから、今の幸せがあるんですね。
ももちゃん、、幸せだな♪こんな優しいママの元で育てられて♡
by yukarin (2007-06-21 22:15) 

yukarin

*robinママさん*
ナイス&コメントありがとうございます~!
写真、いい顔していますか?v(^_^v)♪ありがと~♪(v^_^)v
自分では自分なりに精一杯やってきたつもりだったけど、やっぱり、今でもまだ
十兵衛が幸せだったのかどうか自信がなくて、、。
あの子には教えられることも多かったの。本当に耐えて頑張っていたから。
ロビンちゃんもそうだけど、本当に愛されて、その愛情を感じているwanは顔つきが違いますよね。見知らぬ土地で暮らしても全然ロビンちゃんが今までどおり元気で楽しくいられるのは、どこに住むか・・よりも、誰と住むか・・がじゅうようだからでしょね。
ロビンちゃんとドッちゃんがいつまでも元気で長生きしますように、、、
by yukarin (2007-06-21 22:21) 

yukarin

*robinママさん*
ナイス&コメントありがとうございます~!
写真、いい顔していますか?v(^_^v)♪ありがと~♪(v^_^)v
自分では自分なりに精一杯やってきたつもりだったけど、やっぱり、今でもまだ
十兵衛が幸せだったのかどうか自信がなくて、、。
あの子には教えられることも多かったの。本当に耐えて頑張っていたから。
ロビンちゃんもそうだけど、本当に愛されて、その愛情を感じているwanは顔つきが違いますよね。見知らぬ土地で暮らしても全然ロビンちゃんが今までどおり元気で楽しくいられるのは、どこに住むか・・よりも、誰と住むか・・が重要だからでしょね。
ロビンちゃんとドッちゃんがいつまでも元気で長生きしますように、、、
by yukarin (2007-06-21 22:22) 

yukarin

*キンキンママ*
コメントありがとうございます~!
キンキンママが涙が止まらないのは年のせい、、ではなくて(笑)
それは、キンキンをとーーっても愛しているからでしょうね。
よく、犬の映画とか犬のドラマ(クイールとか)観てると、犬を飼ってる人のほうが、犬を飼っていない人よりもすごく号泣するんですよ。
偉かったね、頑張ったね、って言われると泣けてきます(^^;;
偉くなんかないし、一番頑張ったのは十兵衛だし。でも、十兵衛に学ぶことは多かった。本当につらかったと思うし痛かったと思う。
でも、ずっと優しい十兵衛でした。火葬する日にね、卵焼きをお棺に入れてあげたの。大好物だったから(笑)
キンキンもドッピーもずっと元気で長生きしてもらいたいですね(^^)
by yukarin (2007-06-21 22:27) 

yukarin

*由希ん子さん*
ナイス&コメントありがとうございます~!
トムも幸せでしたね♡
お経を読んでもらうとか、そういうことが供養じゃなくて、、、
いつもいつも、その子の名前を口にして、思い出していることこそが一番の
何よりの供養になりますね。
由希ん子さんご夫婦の口からトムちゃんの名前が出るとき、トムちゃんはその都度大喜びしているでしょうね♪
トムちゃん、きっとNICOちゃんのことを見守っていてくれていますね。
by yukarin (2007-06-21 22:30) 

yukarin

*けろこ*
コメントありがとうございます~!
ほんと、そうなの。
十兵衛がいたからこそ今の私がいるし、ドッちゃんがいる。
少子化の時代に申し訳ないけど、十兵衛の病気があったから、私たちは
子供を持たない選択をしたの。まだ見ぬ子よりも十兵衛の重病が一番大事だったし、責任持って看たかったから。
十ちゃんハンサム君でしょ~♡アイラインがすごく入ってるお目目なのよ。
十ちゃんのお蔭で私は学ぶことがものすごく多かったんだ。
感謝しているんだ、、これからもずっと、、。
by yukarin (2007-06-21 22:35) 

yukarin

*motakoさん*
ナイス&コメントありがとうございます~!
いずみちゃんと被っちゃいますよね、、。
記事を書きながら、いずみちゃんのことを思いましたもの・・私。
モタコさんも同じように泣いて辛い思いをされて、いずみちゃんとの別れがあって、そしてメインちゃんとの出会いがあるんですよね。
メインちゃんもドッちゃんも、そういう先代のwanの思いと、私たち飼い主の思いを引き継いでいるんですよね。
だから、今の幸せがあるような気がしますよね。
いずみちゃんもドッちゃんもいつまでも元気で長生きしてほしいですね。
by yukarin (2007-06-21 22:39) 

yukarin

*柚子茶さん*
ナイス&コメントありがとうございます~!
そうですよね。この世を去るときに最後の最後に見たいのは愛する人の顔ですよね。十ちゃんが死ぬとき、義父母やお友達も病室にいたので、十ちゃんの最期なのに私はそういう人たちに気を遣ってしまい、対応に追われていたんです。でも、十ちゃんはママっ子だったので、主人が「ゆかりちゃんが十兵衛のまん前に座ってやったほうがいい。」と言ってくれて、十兵衛の目の前のイスに座りました。
ママの子供になってくれてありがとう、、と言う言葉に、笑ってくれたような気がしました。最期は大きく見開いた目を私が指で閉じました。
柚子茶さんの「子供は親を選んで生まれてくる」という言葉、、グッときました。
本当に、選んでもらえたのなら、それに答えられる親でいたいですね(^^)
by yukarin (2007-06-21 22:45) 

yukarin

*かっちゃんさん*
ナイス&コメントありがとうございます~!
かっちゃんさんも愛猫ちゃんの辛い闘病生活と亡くした経験がおありなんですね、、。ものすごく辛かったでしょうね、、わかります。
でも、十兵衛同様、かっちゃんさんの元にいられた猫ちゃんは、本当に
幸せでしたね、、(^^)
十兵衛のために泣いてくださって本当にありがとうございます。
何よりも、そういうことが供養になると思います(^^)
名前を呼んであげること、いつも思い出話をすること、、そういうことが何よりも喜ぶって私は信じているの。
ルミカちゃんもドッちゃんも、先代に守られて元気に生きているんですね♡
by yukarin (2007-06-21 22:50) 

yukarin

*ロビパパさん*
コメントありがとうございます~!
イケメン台無しにしてごめんなさい(笑)
今日はスッキリンコのイケメンで出社できたか気になります(^^;;あはは
闘病生活の末の安楽死、、では、やはり悔やまれることも多く、もっと違う道があったかも、、と思うこともあります。
でも、愛情に関してだけは、自信持ってこれ以上注げないくらいに注いできたつもりなんです。愛情だけじゃダメなことも多いのですけど、、
でも、愛された、、という思いの中で旅立ってくれたと信じています(^^)
by yukarin (2007-06-21 22:53) 

yukarin

*kacoさん*
ナイス&コメントありがとうございます~!
力丸君、、kacoさんに感謝していますよ、絶対。
力丸君がこの世で一番ダイスキでダイスキでたまらないkacoさんが選んだ答えなら、力丸君はそれが一番だと思っているはずだし、喜んでいるはず。
病気で亡くした場合は、やはり悔やむことも多いし、もっと他に何かできたのでは、、と思うことも多いですよね。
でも、それも含めて力丸君の人生(犬生)、十兵衛の犬生だったはずです。
力丸君は今でも世界中で一番kacoさんを愛していますね、きっと。
今ごろ、十兵衛と遊んでくれているかしら、、(^^)
by yukarin (2007-06-21 22:58) 

yukarin

*なぴなぴさん*
ナイス&コメントありがとうございます~!
十兵衛、ハンサム君でしょう~~♡
アイラインが入っているオメメなのよーー♪
十兵衛のために泣いてくださってv(^_^v)♪ありがと~♪(v^_^)v
そういうことが十兵衛にとって何よりの供養になるし、私も嬉しいです。
穏やかに老衰で亡くなったわけではないので、2年間は喪に服しました。
でも、あの2年があればこその楽しい今、、という気がします。
十兵衛がドッちゃんに会わせてくれたんだと思うの。
チップちゃんもドッちゃんも、いつまでも元気で長生きしてほしいですね(^^)
by yukarin (2007-06-21 23:02) 

yukarin

*kanamixxさん*
ナイス&コメントありがとうございます~!
仰るとおりです(^^)。
十ちゃんから学ぶことは多かったと思います。あの子から沢山のことを教えられました。それは今でも続いていて、何かるたびに教訓のように思い出されます。十兵衛の思いをドッちゃんも引き継いで、十兵衛の分も幸せに長生きしてもらいたい、、ただそれだけです。

「ござる~」(笑)。私も主人も歴史モノが大好きで、大河ドラマも大好きなので、ドッちゃんにもこの言葉で話させて?います。(私の一人二役ですけど)
でもね、オットコらしい~~!ではなくて(笑)、「ござる」ときっぱり言わず「おgざるよ~~~」みたいな、、キテレツ大百科?のコロスケ?みたいなイメージです(爆)
by yukarin (2007-06-21 23:07) 

yukarin

*mikiママ*
コメントありがとうございます~!
mikiママが泣いてくれて、十ちゃんの何よりの供養になりました(^^)
十ちゃん、喜んでいるわー。
今年の命日はこんなにみんなが十兵衛を思ってくれたんだもの。
マロちゃん、、勿論一緒に遊んでいますよ♡十兵衛は臆病だったから、
大型犬よりも小型犬が好きなの(^^)おかしいでしょ(笑)
だから、マロちゃんのこと大歓迎しているはず!!
mikiママにもありがとうって言っているはず♡
いつかは必ず別れは来るけど、最大限、穏やかな最期であってほしい、、
それが飼い主としての願いですよね、mikiママ。
「mikiおばちゃま。パパもママもmikiママも面倒見るでござるよー」byドッピー。
by yukarin (2007-06-21 23:13) 

yukarin

*freeさん*
ナイス&コメントありがとうございます~!
何度もありがとうございます(^^;;感謝感謝。
ドッちゃんのブログなので、十兵衛のことを記事にするのは、、と躊躇しましたが、命日くらいは十ちゃんも主役に、、と思い書いた記事だったのに、
なんだか切ない感じになってしまい(決してそうではないのですが)、
うまく書けない、、というfreeさんのお言葉、すごーーくわかります(笑)
でも、うまく書けないその心情が、ものすごくわかるので、ものすごく有り難い気持ちでいっぱいです(^^)
十ちゃんも大喜びですよ、きっと。いつもドッちゃんが主役でヤキモチ妬いていたはずですから(笑)。ありがとうございました♡
by yukarin (2007-06-21 23:17) 

yukarin

*nicoさん*
ナイス&コメントありがとうございます~!
ジュンくん、、匍匐前進するんですね(笑)カワイイ!
それなら十ちゃんにもすぐにわかるでしょうね(^^)
一緒に遊んでいると思います。
十兵衛、変わったものとか大好きでしたから、匍匐前進なんか目の前でされたら夢中になって見ていると思いますヨ(^∇^)アハハハハ!
ジュンくん、十兵衛をよろしくお願いしますね。
by yukarin (2007-06-21 23:19) 

yukarin

*ビッキーママ*
コメントありがとうございます~!
ビッキーママに読んで貰えて私も十兵衛もとっても嬉しいです。
泣き続けてしまったビッキーママを思うと、申し訳ない気分でいっぱいになりますけど、でも、十兵衛を通してビッキーちゃんを感じてもらえて、それは十兵衛の供養と同時にビッキーちゃんへの供養にもなりますよね。
ビッキーちゃんも最期は注射だったのですね、、。
ほんと、お気持ち痛いほどわかります。
我が子の死ぬ日を自分が決めるだなんて、、なんて切ないことか。
メソメソ、、めいっぱいしていいと思っていますよ、私。
どっぷり「ビッキー」「十ちゃん」って泣いて暮らしても、きっとビッキーも十兵衛も喜んでいるはずだもん。心配しているだろうけど、喜んでいるはずだもん。

>>姿は見えないけど、今も近くに感じるし、これからもずっと一緒です。
この感じはyukarinさんも同じですよね?

勿論です!!ずっと一緒。毎日一緒ですよね♪
ビッキーちゃん、こちらこそ十ちゃんをよろしくね♡
by yukarin (2007-06-21 23:29) 

こんばんは
突然のコメントどうぞお許しください
十兵衛くん、帽子がよく似合って、りりしいお顔だったのですね‥
お別れ、とてもお辛かったですね‥
きっとyukarinさまに愛されて、
十兵衛くん、とても幸せだったんじゃないかなと思います
by (2007-06-21 23:43) 

yukarin

*かのとさん*
コメントありがとうございます~!
十兵衛、凛々しいですか?ありがとうございます!
親ばかですが(笑)、とてもハンサム君でした(^^)
アイラインがクッキリ入っているので、余計に目が大きく見えました。
かのとさんに仰っていただけたように、本当に、十兵衛が私の元にいたことが
シアワセだったのだとしたら、それが何よりの救いです。
ただ、ひとつだけ確信していることは、十兵衛は最期に「ボクは愛されていた」
と確信してくれただろう、、ということです。
温かいコメント・・ありがとうございました(^^)
十ちゃんも喜んでいると思います♪
by yukarin (2007-06-22 01:07) 

みーちゃん

小さい頃の十ちゃんとドッちゃん、似ているね。
十ちゃんとドッピー。yukarin夫妻の子供で、愛情をいっぱい貰って本当に幸せだと思います。
by みーちゃん (2007-06-22 14:16) 

yukarin

*みーちゃん*
コメントありがとうございます~!
そうなの。特に右上のコロンと寝ている写真、、
あれなんてドッちゃんの寝ている姿にそっくりなの♡
十ちゃんもハンサム君でしょ♡いいお顔だねってよく誉められたのよ。
スパも十ちゃんもドッちゃんもみんなシアワセだよね。
シアワセにしてあげようね、これからも(^^)
by yukarin (2007-06-22 15:32) 

モコ

ゴールデン大好きですよ。おりこうさんでとっても可愛いいワンちゃんですよね。十兵衛ちゃんもきっとそんなワンちゃんだったんでしょうね。
写真もとっても可愛いですね(^^
十兵衛ちゃんもyukarinさん達とすごせた時間をとても幸せだったと思うし
きっと、今もお空の上で見守ってくれてますよね。
今はドッピーちゃんという天使がいるから安心だね、十兵衛ちゃん。
by モコ (2007-06-22 15:42) 

yukiinu

yukarinさん、こんにちは・・・
そうなんですね〜・・・・そんなことが・・・・
記事を読みながら涙がボロボロ溢れてしまいました。
yukarinさん、どんだけお辛かったでしょう・・・
十兵衛ちゃんのお写真を見ると
どの顔もとってもイキイキとして輝いてますね。
病気と闘ってた日々だったけど
きっと愛情いっぱい感じて幸せな毎日だったからこそですね。
ドッピーちゃんも幸せそうだものね。
by yukiinu (2007-06-22 16:02) 

yukarin

*モコさん*
ナイス&コメントありがとうございます~!
ゴールデンて大きいし毛は抜けるけど、それ以外は性質的にはとっても
飼いやすい犬なんですよ。ただね、皮膚や股関節がが弱い子が多いし、
色々と大変なんです。だけど、仲間みたいな同士みたいな感じがするんです。
十兵衛の写真、誉めてくださって嬉しいです。十兵衛も喜んでいます♡
ハンサム君でしょっ、十ちゃん。
十兵衛が死んでからドッピーが来るまでの2年間は本当につらかったけど、
あの2年があってこその楽しい今ですもんね(^^)
毎日、ありがたいなーと感謝しています♡
モコちゃんもドッちゃんも元気で長生きしてもらいたいですね。
by yukarin (2007-06-22 16:56) 

yukarin

*yukiinuさん*
ナイス&コメントありがとうございます~!
yukiinuさんのコメントを見て私もウルウルしちゃいました(^^;;
でも、十兵衛のために泣いてくくださって感激ですし、十兵衛もきっと喜んでいます。自分が犬を飼っていると、こういう話を聞いたり読んだりしたときに、自分の愛犬とオーバーラップさせてしまうんでしょうね。
だから余計に泣けてきたりしますよね。
十ちゃん、イキイキしていますか?亡くなる直前の写真もあの中にあるんです。
今でもいろんな思いや迷いはありますけど、ただひとつだけ確信していることは、十ちゃんは「ボクは愛されていた」と思いながらの最期だったと思うんです。
ユッキーちゃんもドッピーもシアワセですよね。
これからも、できるだけ苦しまず辛いことがない人生(犬生)を送らせてあげたいですね(#^_^#)
by yukarin (2007-06-22 17:06) 

セラまま

十ちゃんの赤ちゃんの頃の写真、スッゴク可愛くて病気を抱えてるなんて思えないね。
十ちゃんも、ドッちゃんのように、笑顔が可愛い♡
とっても、幸せな顔をしてるね♪
十ちゃんのお陰で、ドッちゃんに出会えたし同じ笑顔のドッちゃんは十ちゃんから「ママ・パパの事を宜しくね!!」ってバトンタッチされて来たんだね。
だって、赤ちゃんの頃の十ちゃんの写真(左)十ちゃんにソックリよね!(^▽^)
十ちゃんはドッちゃんと一緒で、いつもママ・パパの側で見守ってるよ。
by セラまま (2007-06-23 08:13) 

Roco

悲しんではいけないのでしょうが、涙があふれてしまいました・・・。
yukarinさんの十兵衛くんへの気持ちが手に取るようにわかった気がして
しまいました。
(本当はほんのちょっとしかわかっていないんでしょうけれど)

病気との闘い、そして決断、つらい日々・・・。
yukarinさんの優しさと強さに胸を打たれます。
十兵衛くんもドッピーくんも出会うべくして出会った子。
これからも幸せな毎日を過ごしてください。
by Roco (2007-06-23 09:26) 

yukarin

*セラまま*
コメントありがとうございます~!
十ちゃん、ハンサム君でしょ♡
帽子被ってる写真は亡くなる半年前の写真だし、ベランダでペタンしてるのも死期が迫ってきている頃のものなのよ。
寝たきりになるまで、いつも穏やかな顔をしていてくれた優しい子なの。
赤ちゃんの頃の写真、ドッちゃんと似ているでしょ(笑)
犬種違うけど、、(^^;;右上の寝てる写真も今のドッちゃんの寝てる姿に
ソックリなのよ(^^)

セラもティアもドッちゃんも、みんな元気でシアワセに長生きしてほしいね♡
by yukarin (2007-06-23 21:14) 

yukarin

*rubyさん*
ナイス&コメントありがとうございます~!
rubyさんになら、きっと私の十兵衛への気持ちが
分かって頂けると思っていました。

私は十兵衛に教えられたことはとても多かった気がします。
7年半愛情だけはたっぷり注いで、、なんて書きましたけれど、
注いだ分、いえそれ以上の愛情返しを十ちゃんから貰っていましたもの。

「子供は親を選んで生まれてくる。」と私に言ってくれた方がいます。
出会うべくして出会ったんですね、私たち。
最後の最後の瞬間に「ボク(私)はこんなに愛されていたんだ」という
満足感の中で旅立ってもらえるような、そんな親でいたいと思います。

Rubyちゃん、Roccaちゃん、ドッピー。
私たちの大切な宝物がいつまでも元気でシアワセでいられますように、、。
by yukarin (2007-06-23 21:24) 

yukarin

*mapleさん*
過去記事にまでナイスをありがとうございます!
十ちゃん、きっと喜んでいます(^^)
by yukarin (2008-07-01 14:07) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。