So-net無料ブログ作成
検索選択

トリミングと新緑デート

5月1日。
先月から延期にしていたトリミングにやっと行けました♪

1.jpg

体調優先なので、シニアになるとトリミングも予約通りにいかないコトもありますね。

いつも通りのまんまるカットで無事に終了。
最近ドッピーを抱っこする度に“少し軽くなったな~”と思っていたら、
前回よりも400g減っていました。大アタリ!母の愛です(笑)

※サロンでのドッピーの様子はこんなかんじでした。



そして3日後の5月4日。みどりの日。
10年来のガールフレンド、アシュタと新緑サンポをしに深大寺へ♪

3-2.jpg

深大寺なら空いていると思いきや、到着してビックリ。
どのお蕎麦屋さんも2時間待ちの行列で激混みでした。

「別にお蕎麦じゃなくてもいいよね」と、とりあえず寺町をぷらぷらとお散歩。
御寺の敷地の雪のような花の大きな木。
「なんじゃもんじゃの木」というのだそうです。

4-2.jpg

お腹が空いたので、行けるお店をスマホで検索。
深大寺から20分くらい歩いたところにある、micro-cafeへ♪

5.jpg

テラス席が日陰だったので涼しくて、
アシュタもドッピーもひとやすみできました。

食後はまた住宅街をてくてくと歩いて。♪歩こう歩こう~私は元気~♪
深大寺の寺町の手前にあった、小さな草原のような、ひみつ基地のような公園でひと遊び。

6.jpg

新緑のグリーンが眩しいくらい濃くてキラキラして、本当にきもちよかった~♪
まさに「みどりの日」にふさわしい楽しみ方となりました。

帰宅したら顔がほんのり赤くて焦ったけれど(笑)、それだけいいお天気だった証拠。
おひさまと青空と深緑の下で、親子共々パワーチャージできた日でした。



nice!(17) 
共通テーマ:ペット

福々チューリップ 

ハウステンボスだけじゃない、
チューリップ畑には風車がお約束(笑)

1-2.jpg

フリルのような花びらのチューリップも新しくて可愛いけれど、
やっぱりスタンダードな赤いチューリップは、これぞチューリップ!な風景。

4.jpg

ドッピーに声をかけてくださった、はつらつとしたシニアグループの方たち。
「あなた、なんて可愛いの~。」と撫でてくださり、ドッピーを囲み暫し談笑。
「福々してて可愛いこと♡幸せな気持ちになるわ~」と。

2.jpg

福々。ふくふく。
いかにも福がいっぱいそうな、いい響き(。◠‿◠。)

福々しいとは、その字の通り
幸せそうなさま。
顔つきがまぁるくてやさしそうで好ましく感じられるさま。
だそう。

3.jpg

福福。ふくふく。
ドッピーにピッタリな気がして、福がありそうで嬉しかったです。

写真が小さくてわかりづらいですけど、ドッピーの舌の色もいい色でそれも嬉しかった!
肺水腫を起こして以来、舌の色を気にして見るようになったのですが

この舌の色は酸素が取り込めている色なんです♪

6-3.jpg

チューリップ畑でドッピーだけ座らせて、離れて全体を撮ろうとしたのだけれど
分離不安なドッピーは“離れてマテ”が苦手。
私が離れて行って、ドッピーを振り返るとヨチヨチ歩き出してついて来てる(笑)

5.jpg

いつまで経っても延々と「だるまさんがころんだ」状態で。^^ゞ

コマッタチャンだといいながら、そんなところも私にとっては愛おしいわけで。
シニアになってますます甘々な毎日です。



nice!(17) 
共通テーマ:ペット

一病息災で長生きしよう

満開の桜の木の下で、ドッピーと。
今年も一緒に桜色の風景を楽しめました♪

3.jpg

ここからは写真と内容がちょっと違いますが、ドッピーの記録のために。
  そして、誰かのお役に立てることがあればと思い記します。



以前からの気管支炎がなかなか治らないまま4月になり
薬は飲んでいるものの、一進一退を繰り返していたそんなある日。

ドッピーは夜中に過呼吸を起こし、一晩中呼吸が荒く異常な状態でした。
翌朝病院で診ていただくと、肺水腫(肺に水が溜まっている)とのこと。

2.jpg

心臓のエコーの結果、肺水腫の原因は心臓弁膜症と判明。
心臓病と聞いて本当にショックでしたけど、でもどこか腑に落ちた気がしました。

イヌの咳と検索すると、気管支炎と共に心臓病が必ず出てきます。
なので、心臓じゃなければいいなと前から不安に思っていたのです。

ただ、ドッピーの場合は、弁膜症の症状(肺水腫)が出るずっと前から
もともと気管支炎が先にあり、咳も気管支炎の特徴である“乾いた咳”だったので、
先生も私も安心していたのですが。


4.jpg

気管支炎を患っているところに、心臓病を発症したという感じでしょうか。
心臓病、気管支炎、咳、肺水腫、は連鎖することが多いようです。

今もドッピーの咳は乾いた咳で、それは気管支炎が原因の咳。(心臓病の咳は痰が絡んだような湿った咳だそう)
心臓病が原因の肺の水は利尿剤で少しずつ排出されているので、あれ以来過呼吸はなく無事に過ごせています!
まだまだ咳が出て可哀想なので、咳だけは早く治まってほしいですが、気管支炎は長引くようです。


今年の桜はゆっくりと満開になって、ドッピーを待っていてくれたようで嬉しかった♪

6.jpg

心臓病は手術以外には完治する術はなく、シニアには手術は勧めないのが一般的。
良くなることはないし、一生投薬になるけれど、悪くならないように進行を遅らせて、
上手に付き合えば決して恐れることはないと思います。

7.jpg

我が家がずっとお世話になっているドッピーのお友達パコラくん(14歳)も、同じ病気ですが
病気と上手に付き合って毎日をはつらつと送っています♪
パコラくんのようなお手本がいるから、私も夫もとても心強いですし、今回いろんなお友達から
たくさん応援をしてもらったことも、大きな力になりました♡

無病息災が理想だけれど、13歳まで大病をせずにいてくれたことをありがたく思う。
13歳だもの、どこかガタが来てあたりまえ。
これからは一病息災で元気に過ごして長生きします宣言(笑)

1.jpg

シニアの小型犬には少なくない心臓病。
「ドッちゃん、弁膜症だけど元気だね!」「弁膜症だけど長生きだね!」と言われるように、
同じ病気のコの希望の星になれるように、頑張りますね♪

咳以外は食欲もモリモリ。お散歩も控えめにしないといけないけど
最近まで平気で10kmくらい歩いていた健脚なので、今も歩きたがって大変です(笑) 
それが、ウレシイコト。


nice!(21)  コメント(20) 
共通テーマ:ペット

春のうららの

隅田川の桜はまだ六分咲き。

1.jpg

桜の咲くころにしてはまだまだ空気がひんやりとして冷たいけれど、
青空に桜色が映えて、気分だけは春めきます。

LUMIX3.jpg

2月から気管支炎を患っているドッピー。
かれこれ一ヶ月i以上投薬生活をしていますが、まだまだ朝晩は咳き込みます。
気管支炎は長引くらしいので、焦らずにゆっくりと着実に治そうと思います。
とはいえ、咳以外はとても元気なドッピーです♪
みなさまのペットちゃんもお気を付け下さいね。


4.jpg

今年の桜はゆーっくりと満開になるそうです。
ゆっくりなが~く楽しめますように。

2.jpg

あせらないこと。
桜もドッピーも、今年の春はそれがテーマです。

nice!(18) 
共通テーマ:ペット

最愛の弟

ドッピーの異母兄弟、スパーキー(享年12歳)に会いに。

1.jpg

静岡のスパちゃん家に私たちが行ったのは2月2日。
その前日、調子が悪かったスパを病院に連れて行ったみーちゃん(飼い主)から
スパの検査結果の報告を受け、翌日急遽ドッピーを連れて会いに行ったのです。

出迎えてくれたのは、いつもと変わらぬ可愛いスパ。
そして、明らかにいつもと違うおとなしいスパでした。

2.jpg

やんちゃで食いしん坊でハイテンション。いつも元気だったスパに似合わない癌。
それも、まれに見る進行の速い厄介なもので、病名が分かったときにはもう
脚の癌は背骨の半分を侵していました。

2月1日、病名がわかった時点で既に余命1週間と告げられたのですが
翌日私たちが行ったら、ドッピーを見て大喜びしてくれて、おやつもゴハンも甘いものも
たくさん食べてくれて、笑顔まで見せてくれたスパでした。

3-2.jpg

きっと頼りないダメダメアニキを見て、「頑張らなきゃ!」と奮起してくれたのだと思います(笑)

この日、到着してすぐみーちゃんに「スパの写真沢山撮っておいてね」と言われ、
いつもよりもたくさん撮ったつもりでいたけれど、カメラ越しにスパを見るよりも
直に肉眼で見てこの手で触れたかったからか、スパのいない今となっては画像が少なく感じる。

私はスパにいっぱいチューをして、スパもいっぱい舐めてくれた。
夫はたくさんスパを撫でて、みーちゃんは愛おしそうにスパを抱きしめた。

4.jpg

みんなの「アイシテル」がスパにひしひしと伝わったと思います。
とても穏やかでいいお顔をして、楽しそうでした。

関東に嫁いでいるみーちゃんの娘しーちゃんも、この日スパに会うために
子供たちを連れて帰省したので、しーちゃんの提案で全員で記念写真を。

5.jpg

スパ家と我が家のお付き合いはかれこれ12年。
東京と静岡という距離とは思えぬほどよく会い、密なお付き合いと歴史があります。

このブログでも何度もスパちゃんの記事の時に書いたことがあるのですが、
私とみーちゃんは同じ誕生日で、それだけでも驚くのに、夫とスパも同じ誕生日!
その上、以前我が家の隣人で仲良くしていたご夫婦の旦那様が、みーちゃんのいとこだったという、
韓流ドラマ並みの偶然が繋いでくれたご縁でした。

初めて会った頃はまだしーちゃんは小学生で、大学生のときに学生結婚をすることになり、
結婚式には私たちも出席しおいおいと涙して、そのしーちゃんも今や逞しいママに。
みーちゃん曰く「困ったときのゆかりさん」だそうで、友達というよりは姉妹のような、親戚のような、
しーちゃんは姪っ子のような(笑)不思議な感覚なのです。


スパとドッピーが繋いでくれた糸はこれからもみんなで紡いでいくからね。
ありがとう、スパ。

6.jpg

この日からスパは奇跡的に活力を取り戻し、緩和ケアで2週間以上頑張ってくれました。
「このままなら2月は越せそう!」とみーちゃんも喜んでいたほどでしたが、、、

2月18日の土曜日。午前中に通院して帰宅し、午後シャンプーをしたそうで。
その夕方、みーちゃんとふたりきりの時にママの腕の中に抱っこされたまま
「ありがとうスパちゃん」という言葉を聞いてから、静かに虹の橋を渡りました。

平日はママがお仕事だから、スパはママが家にいる休日を選んだのでしょう。
きちんとママの最後の「ありがとう」を聞いてから旅立ったスパは立派です。

7.jpg

みーちゃんの気持ちになって考えれば、自分の腕の中でスパにありがとうと伝えらて
スパを送ってあげれたことは、唯一、救われたことだったと思うから。

辛い体調でも一生懸命がんばって生きようとしてくれて、本当に偉かったスパ。

スパはこれからもずっとずーっと、大切なドッピーの弟です。
心からありがとう、スパーキー。
また会えるその日まで。


nice!(28) 
共通テーマ:ペット